ベクの湯  ポケモンタイプ統一パ考察/育成論 XY

       ポケモンタイプ統一PT用育成論ブログです

    ゴウカザル(炎) の記事一覧

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【炎タイプ統一用】ゴウカザル育成論【炎パ】

    2012.06.16 (Sat)
     
      久々の統一用育成論なのではりきって長々といきます。量は多いが内容は薄いのは秘密!誤字脱字は勘弁!カルピスの現役の量は変わらないけど水多いパターン

     炎統一を作るからには勝ちたい!ということで色々考えてるんですが・・・考えてるだけだと始まらない!実際に戦ってみないとね♪ということで

     今回は炎統一用ゴウカザル育成論

     炎統一の天敵と言うものはたくさんいます。たとえば”砂パ”。非常に厄介なのがこいつら!タスキバンギラスに砂かきドリュウズ、そして粉ガブ、またはグライオン、そしてあくびカバルドン、ステロエアームド・・・。どうすればいいんだ!と悩みました。そこで今回は”バンギラス”に焦点をあて、そこから拡大していく感じで努力値、技構成、性格、アイテムなどを考えて行きましょう

     392.gif

    No.392 
    タイプ:/格闘 
     4倍:- 
     2倍:///
    1/2倍:////
    1/4倍:
    無効:-

    特性
    ・もうか:HPが1/3以下になると、炎タイプの技の威力が1.5倍になる
    夢特性
    ・鉄のこぶし:パンチ系の技の威力が1.2倍になる

      炎・格闘の御三家の種族値を比べてみましょう

     

    H

    A

    B

    C

    D

    S

    ゴウカザル

    76

    104

    71

    104

    71

    108

    バシャーモ

    80

    120

    70

    110

    70

    80

    エンブオー

    110

    123

    65

    100

    65

    65



                                                  

                                  ゴウカザルの種族値の特徴としてSが高いというところが上げられますね。その代わりAもCも他の二匹と比べ低くいまいちぱっとしない感じです。しかし、ACは一応100を超え、Sは108ということで素早い両刀アタッカーにすることができます。覚える技も多彩?で色々な戦法が可能となります。

    次に実戦で使えそうな覚える技を紹介します。
    =覚える技=
    【物理】
    1.インファイト威力120(180)
     ゴウカザルのメインウェポンの1つ。この技を搭載していないゴウカザルはいないといっても過言ではないだろう。使用後にBDが下がると言うデメリットがあるが、もともと耐久力のないゴウカザルには関係のない話。タスキと非常に相性が良い

    2.フレアドライブ威力120(180)
     この技を使用する場合は珠持ちの場合が多い。反動があるのでタスキと相性はよくない。メインウェポンの1つ

    3.シャドークロー :威力80
     タスキがあれば交代出しラティを狩れる程度。

    4.ストーンエッジ&いわなだれ威力100&75
     個人的には命中重視なので”いわなだれ”を採用する事が多い。Aにある程度振ればいわなだれでエモンガを確1シャンデラやウルガモス対策に使える。

    5.じしん :威力100
     この技を持っているゴウカザルは少ない。その理由として地面が効果抜群の鋼や岩に対してはタイプ一致の格闘技をぶちこむ事ができるからである。使用するとすれば”毒タイプ”に対して。しかし、毒タイプを見かけることはそれほど多くないので無くてもかまわない?炎統一で考えると”ランターン”が怖いのであってもいいかもしれないが・・・・・・・・。

    6.かみなりパンチ :威力75
     苦手な飛行と水、両方に抜群を与える事が出来る技。無補正A180振りでH4振りギャラ確1。しかし、威嚇が入ることを考えると・・・・。交代読みで打たなければ厳しい。

    7.ねこだまし :威力40
     頑丈、タスキつぶしにはもってこい!炎統一ということで地面技持ち・・・つまり、特性”頑丈”のポケモンが選出されやすい。また、タスキバンギ、ノオーを処理できるので非常に便利である。

    8.マッハパンチ :威力40(60)
     無補正252振りでH4ドリュウズに48.3%~58%程度。アクアジェットを打たれる前に打つぐらいか? タスキを持たせてインファイト+マッパで落ちるように調整するのもあり。

    9.とんぼがえり:威力70
     エスパー読んで打つぐらい。炎統一なら地震読み風船持ちに変えやすい?H振りランクルスに40.5%~47.9%。H4エーフィに73.7%~87.9%。頑丈壊して交代すると言うのもあり。

    10.アクロバット威力55
     アイテムの制限を受ける。炎統一にとっては不必要か?格闘に使うならバシャーモのブレバを使いたい。

    【特殊】
    1.オーバーヒート威力140(210)
     使用後に特殊攻撃力が下がるデメリットがあるがその威力は高い!無振りでも珠を持たせればH252D196グロスが確1!炎統一用ゴウカザルに必要かどうかは悩むところ。

    2.だいもんじ威力120(180)
     命中率が85と不安定。物理メイン型での採用ならオバヒのほうがいい。特殊型ならこちらでもいい。

    3.ねっぷう威力100(150)
     
     威力は火炎放射より少し上。命中率は90。火炎放射だと倒しきれないけど大文字だと外すのが怖いという人にお勧め。あまり注目はされていない技だが個人的には特殊型で使うならねっぷうの与ダメも計算していきたいところ。外さなかったら勝てた!というのは嫌いです。

    4.きあいだま威力120(180)
     威力はインファイトと同じ。ゴウカザルはA=Cのポケモンではあるが・・・やはり命中率が怖くて使用しにくいのが現実。個人的には今のところ使おうとは思っていない。

    5.めざめるパワー
     めざ氷というのがスタンダード。メリットはドラゴンを狩れるようになるぐらい。後はグライオン。C252振りでH4ガブを84.7%~102.1%。マッハパンチがあればほぼ確実に落とせる。真空刃であればH4ガブは確実に落とせる。H201の場合は高乱数。

    6.くさむすび
     炎統一と言うことで水、岩、地面を呼ぶ。そこで交代読みくさむすび!


     以下に主な仮想的(抜群)を載せる(※:4倍はアンダーバー)
    威力120
    ゴローニャ ・ラプラス  ・ホエルオー ・レジロック ・カバルドン ・ドサイドン ・マンムー

    威力100
    ・ジュゴン  ・パルシェン ・サイドン  ・ドンファン  ・スイクン  ・ルナトーン 
    ・ソルロック ・ネンドール ・ミロカロス ・トドゼルガ ・ラムパルド 

    威力80
    ・カメックス   ・ゴルダック  ・ニョロボン ・ヤドラン  ・キングラー ・スターミー
    ・オーダイル ・ヌオー    ・ヤドキング ・ラグラージ   

     この中で出てきやすいポケモンはラプラス、カバルドン、ドサイドン、マンムー、ドンファン、スイクン、ミロカロス、ヤドラン、スターミー、ラグラージかな?”先制の爪”ドサイドンは特に怖い。くさむすびを使用するならカバルドン、ドサイドン、ラグラージに焦点を当てていきたい。

    7.しんくうは威力40(60)
     C252振りめざ氷+しんくうはで201ガブリアスを高乱数なのは大きい。マッハパンチと威力は変わらないので仮想的のB,Dを考えて選択するのがベスト!

    【その他】
    1.がむしゃら
     相手を自分と同じHPにする技。相手のHPが自分のHPより低ければ失敗する。タスキ+先制技との相性がよい。

    2.ちょうはつ
     ステロや身代わりなどの対策。猫騙し+格闘技or炎技でだいたいのステロ持ちは倒せると思うので個人的には挑発をつかうなら猫騙しを使う。

    3.アンコール
     炎統一で使うのは難しそう。素早さを生かせなくは無いが・・・個人的には好きではない。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
     ということでこれらの覚える技を参考にしながら『性格』『努力値』『技構成』『持ち物』のポケモン四大原則を考えて生きましょう♪習慣少年ジャンプの三大原則は『友情』『努力』『勝利』ですが、ポケモンの場合は『性格』『努力値』『技構成』『持ち物』です。

    1.目標の設定
     統一用PTを作るうえでまずすべき事が目標の設定です。このポケモンでどうしたいのかというのを考えないとダメです。とりあえずめざ氷、インファイト、マッパ、オバヒがスタンダードだから使うかというのは以ての外です!例えばAというポケモンとBというポケモンを倒せるようにするというね。

     まずこのゴウカザル”ねこだまし”を覚えると言うことで是非ともタスキ、頑丈つぶしとして活躍してもらいたい!やはりタスキバンギラスは炎統一にとっては最大の敵の一つ。ということで目標の中心をタスキH252振りバンギラスに設定します。バンギラスを倒せるようにしつつ他のポケモンにも役割を持てる。そんな型にしていきます。

    2,ダメージ計算
     ということで目標はバンギラスを倒す!どのような技構成であれば倒せるのか、またどのような努力値振りであれば倒せるのか計算していきます。アイテムも考慮し、被ダメ、与ダメを計算していきます。また、同じポケモンでも型(性格、努力値、持ち物、技構成)は色々あるので、型が多ければ多いほど計算は複雑化し時間はより掛かります。
     
     バンギラスを倒すと言う目標を達成するには2つの技が必要です。それは、タスキをつぶす”猫騙し”と止めを刺す”インファイト”この2つが必要なのは必然です。そしてインファイトの場合無振りでも確定一発。一応マッハパンチの場合は無補正252振りでも54.1%~65.7%です。
     これで軸となる努力値の計算は終わりです。今回、バンギラスが格闘4倍弱点を持ち、ゴウカザルより遅いと言うことなので相手の技を喰らうことなく倒すことが可能となりました。ただしスカーフの場合は無理なんですけどね。
     相手のポケモンが自分より早い場合、またはこちらが相手のポケモンを確定1発で倒せない場合はこの努力値計算だけで下手すれば十数分かかります。

    3.分化
     タスキH252バンギラスを倒すという目標を達成するのに必要なのは”猫騙し”と”インファイト”だけです。つまり『性格』『努力値』『技の残り2枠』『持ち物』は自由に考える事が出来ます。そこで第2目標を定めます。バンギラスを倒せて、○○も倒せるといった風に。
     この第2目標を決めるのに自分が使う方法は①連想②タイプの2つです

    ①構成連想
     バンギラスを倒すと言うことは、バンギラスがPTにいるということ。バンギラスがPTにいるということは”砂パ”である可能性がある。砂パであると言うことは”ガブリアス””ドリュウズ”等がいるということです。バンギラスを中心にどのようなポケモンがいるかを連想していくのがこの構成連想。そして想像だけだと所詮は机上! ここで役立つのが過去1700戦以上の履歴を載せているメモ帳!

     バンギラスがいるPTを検索してPT構成を見ていけば次にどのポケモンを対策すべきかが分かってきます

    01.バンギラス、水ロトム、ゲンガー、ハッサム、ウィンディ、ガブリアス 
    02.バンギラス、ルンパッパ、トゲキッス、グライオン、ゴウカザル、エンペルト
    03.バンギラス、ナットレイ、シャンデラ、ガブリアス、カバルドン、メタグロス
    04.バンギラス、ラティオス、ボーマンダ、メタグロス、ユキノオー、炎ロトム
    05.バンギラス、ハッサム、ガブリアス、ユレイドル、メタグロス、エンペルト
    06.バンギラス、ガブリアス、エンペルト、サンダー、ラティオス、コジョンド
    07.バンギラス、ドリュウズ、カバルドン、オノノクス、ガブリアス、ラグラージ
    08.バンギラス、ボルトロス、メタグロス、サザンドラ、ブルンゲル、ガブリアス
    09.バンギラス、キリキザン、アグノム、ココドラ、オノノクス、ハッサム
    10.バンギラス、ゴウカザル、ドンファン、ヌケニン、サマヨール、チャーレム
    11.バンギラス、フーディン、サザンドラ、ブルンゲル、炎ロトム、ハッサム
    12.バンギラス、サザンドラ、シュバルゴ、ドリュウズ、ユキノオー、ヤドラン
    13.バンギラス、ガブリアス、ハッサム、バシャーモ、ポリゴン2、ゲンガー
    14.バンギラス、ブルンゲル、ローブシン、ガブリアス、水ロトム、ウルガモス
    15.バンギラス、ハッサム、ギャラドス、ランクルス、ヒヒダルマ、ゲンガー
    16.バンギラス、ウルガモス、カイリュー、サザンドラ、エーフィ、メタグロス
    17.バンギラス、テラキオン、マタドガス、ガブリアス、ドリュウズ、スイクン
    18.バンギラス、ドリュウズ、ラティオス、ウルガモス、ボルトロス、メタグロス
    19.バンギラス、バシャーモ、グライオン、ラティオス、エアームド、ハピナス
    20.バンギラス、サンダース、フシギバナ、バシャーモ、マリルリ、エアームド

     とりあえずテキトーに20個データを取ってきました。バンギ&ラティという組み合わせや、バンギ&ギャラドス、水ロトム、ブルンゲルといった組み合わせが思った以上にありました。毒パで潜っているとドリュウズ、ガブリアス、メタグロスにばかり注意してたので気づきませんでした。
     ラティはゴウカザルではどうしようもできないのでここは”ギャラドス””水ロトム””ブルンゲル”そして”炎ロトム””シャンデラ”に注目してみます。

     この中で一番厄介なのがVS水ロトム。無補正252振りインファイトでも53.5%~63%と確2。スカーフの可能性もあるのでd切れば対面したくない。H252ブルンゲルに無補正2525振り雷パンチ!そのダメージは48.3%~57%と乱数2発 (87.5%)とまたこれも微妙。威嚇込み珠雷パンチでH4ギャラドスに91.2%~109.3%とまぁまぁ。これなら猫騙し+雷パンチで落とせますね。格闘受けのシャンデラやヒートロムにはエッジや岩雪崩で応戦!ということで必然的に物理型になります。

     
     連想して考えた結果、こうなります!

    性格:ようき
    技構成:ねこだまし、インファイト、エッジorなだれ、雷パンチ 

     次に努力値ですがゴウカザル自体、HBDは低いので調整する必要は無いです。ですので、思考停止ぶっぱが必然的に安定となってしまうわけです。持ち物が悩みどころですね。一応ドリュウズのいわなだれが”38.4%~45.6%”なのでインファイト撃った後、耐える事が出来るので”ふうせん”、先発いかくギャラドスを倒すために”珠”、この2つあたりがお勧めですね。しかし風船は慎重に使いたい・・・ということで珠が安定かな?珠ですとH振りブルンゲルが確2になるし、ねこだまし+インファイトでH244B36キセキポリ2を乱数で倒せるし、なかなかいいですね。
     最後にエッジかなだれ、どっち~にょ?ということで珠岩雪崩だとH4シャンデラには74.2%~88.2%、エッジだと97.7%~116.9%(乱数1発 (87.5%))、これはエッジ一択!!!

    ということで

    『炎統一用ゴウカザル育成論 その1【物理&苦手タイプ対処型】』  
    性格:ようき
    持ち物:命の珠
    努力値:H4 A252 S252振り
    技構成
    ・ねこだまし
    ・インファイト
    ・雷パンチ (ギャラドスピンポイントみたいなものです 等倍インファイト>抜群雷パンチ なので)
      or
    ・オーバーヒート(これがあればエアームドを狩れる性格は”むじゃき”かな?)
    ・ストーンエッジ

    与ダメ(○振りは252振りを示す)
    ・H降りバンギ:ねこだまし+インファイトで確1
    ・B無振りガブリアス:ねこだまし(27~32)+インファイト(121~142)=148~180  H4振ガブのHPは184
    ・H振りカビゴン:インファイト(120.5%~143%)
    ・H244B36キセキポリ2:ねこだまし(9.4%~11.5%)+インファイト(83.2%~99.4%)=97.6~110.9
    ・H振りボスゴドラ:ねこだまし+インファイトで確1
    ・H振りハガネール:ねこだまし(3.2%~4.9%)+インファイト(69.7%~82.9%)
    ・H振りドサイドン:ねこだまし(4.5%~5.8%)+インファイト(61.2%~73.8%)
    ・H4マルスケカイリュー:エッジ(39.5%~47.3%⇒79.6%~95.2%) 
    ・H4振りボルトロス:エッジ(110.9%~130.9%)
    ・H4ギャラドス
     ねこだまし   :18.1%~22.2%    威嚇込み:12.8%~15.2%
     ストーンエッジ:91.2%~108.1%  威嚇込み:60.8%~73%
     雷パンチ    :136.8%~164.3%   威嚇込み:91.2%~109.3%(乱数1発 (56.3%))
    ・H振りユキノオー:ねこだまし+インファイトで確1
    ・H4サザンドラ:インファイト(148.8%~176.1%)
    ・H4オノノクス :ねこだまし(19%~22.3%)+インファイト(82.2%~97.3%)   あら?倒せるんだ・・・
    ・H振りニョロトノ:ねこだまし(16.2%~19.7%)+インファイト(73%~87.3%)=89.2~109.7
    ・H振りブルンゲル:雷パンチ(62.8%~73.9%)  ギャラドス以外で唯一雷パンチを打てる相手?
    ・H振りエンペルト:インファイト(134.5%~159.1%)確定1発
    ・H振りマリルリ:ねこだまし(14.9%~18.3%)+インファイト(66.6%~79.2%)
    ・H振りエアームド:ねこだまし(5.8%~6.9%)+インファイト(50.5%~59.8%)
       ステロ持ちエアームドが先発で撒きに来る可能性を考えると雷パンチの変わりにオバヒがあってもよさそうですね。


    使用方法
    対頑丈ポケモン&バンギラス、交代読みで水タイプに雷パンチ、同属にはエッジ


    他にもこんな型も
    『炎統一用ゴウカザル育成論 その2【特殊&天候変化対処型】』
    性格:むじゃきorせっかち
    持ち物:草ジュエル
    努力値:H4 C252 S252
    技構成
    ・ねこだまし
    ・インファイト
    ・くさむすび
    ・めざ氷70

    使用方法
    バンギラスを倒せるのはもちろんの事、ジュエルくさむすびによりH振りカバは確1、D振りカバには92.8%~110.3%。ねこだましすればノーダメで倒せますね。猫騙し&めざ氷で201ガブも低乱数で一応倒せます。シャンデラやギャラドスが出てしまうとすることがなくなってしまいますが、カバルドンを倒せるのは大きいです。


    ②タイプ
     タイプで考えるってどゆこと?と思うかもしれません。つまり、複合タイプの統一ではないほう・・・ぇ?説明下手って?つまり毒統一スカタンクなら”悪”、水統一用ルンパッパなら”草”というタイプを生かすという考え方。つまりゴウカザルの場合”格闘タイプ”と複合であるというところに焦点を当てて考えます。
     つまり対”悪””ノーマル””鋼””岩””氷”タイプ用の型

      対地震持ちノーマル、岩タイプ対策として運用するのがベストかな? しかし今回はあまり向いてない模様なので除外します。




    スポンサーサイト
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。